~7/16キッチンカーうまいもん!選手権の詳細はこちら~

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

和光市駅からすぐの場所にある『大人の鶏レバーとトロける鰹節の店 浩治朗』は、賞味期限180秒の究極の鶏レバーが食べられるお店。

今回はそのレバーはもちろん、都内で流行っているような究極のTKGを提供していただきました。

さらに、日本一ガリガリ君が当たるみたいなので、ぜひ合わせて参考にしてくださいね。

 

記事のメニューや料金は当時の情報です。現在とは異なる場合があるので、予めご了承ください。

お得に飲食店を予約『PayPayグルメ』
注目の飲食店予約サイト『PayPayグルメ』6月のキャンペーンをご案内!今なら最大1,500円相当おトクなPayPayグルメクーポン(7/1~7/31)を使ってお得に飲食店を利用することができますよ。

「大人の鶏レバーとトロける鰹節の店 浩治朗」のアクセス・営業時間

「和光市駅」南口より歩いて約1分、ロータリーの信号を1個渡った通り沿いにあり駅からすぐの場所にお店はあります。

 

住所埼玉県和光市丸山台1-10-6 志幸21ビル2F
営業時間17:00~24:00
(日・祝日)17:00~23:00
定休日月曜
TEL048-450-2171
座席構成カウンター席・テーブル席
駐車場なし
予約ページ(ぐるなび)大人の鶏レバーとトロける鰹節の店 浩治朗
公式Facebookアカウント大人の鶏レバーとトロける鰹節の店『浩治朗』

店内のようす

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

最大80人もの宴会ができる広めの店内。

お店は2階にあるため、夕方の窓際はまだけっこう明るめでした。

 

「浩治朗」のメニュー&値段

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

こちらが浩治朗の人気メニューランキング!

『賞味期限180秒の究極のレバー』をはじめ、串焼きを中心に人気があるみたい。

 

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

白い卵のだし巻き玉子焼きとか気になるな~

右ページには日本酒に合いそうな焼き物・揚げ物・甘味まであります。

 

名物料理も色々

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

熊本名物の赤ナスを使ったものなど。

ジャンボしいたけの天ぷらは、口コミを見た時に美味しそう~と思ったメニューの1つ。

 

串焼きメニュー

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

串焼きメニューは1本200円くらいからで、盛り合わせ6本(1299円)があります。

色々あるけど、チーズオンつくね串は後で絶対食べよっと♪

 

ドリンクメニュー

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

ドリンクもそうですが、浩治朗さんは材料にこだわっていて、これ全部が自家製なんです♪

ガリ酎が好きな人は要チェックですよ~

価格は599円からで、このメニュー表以外にもドリンクメニューはあります。

 

日本一ガリガリ君が当たっちゃう!?

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

日本一ガリガリ君が当たると聞いていたけど、窓にはその証とも言える当たり棒が飾ってありました。

消費量もすごいんだろうけど、この演出はインパクトありますねw

 

卓上装備

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

卓上には、醤油・辛味・小皿の装備。

さっそく一杯飲みたいので、気になる料理と共に注文してみました♪

 

人気メニュー&お店イチオシメニューを食べてみた

白いだし巻き玉子焼き:799円(税抜)

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

まず最初にやってきたのは、白い卵のだし巻き玉子焼き。

…ほんとにまっしろだwww

どうやらニワトリの餌を国産米にすることで、黄身が白くなるんだとか。

マヨで書いた『感謝』の文字が粋ですな~

 

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

肝心の味もふわっふわで美味しい♪

薄めの味付けなので、お好みで醤油をちょっとかけると◎

 

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

合わせる一杯は冷凍レモンサワーで!!

ゴロゴロ実が入っていていいじゃないの♪

 

スルメイカの七輪焼き 690円(税抜)

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

続いては、スルメイカの七輪焼き。

丸々一匹でまだ焼かれていないってことは…?

 

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

そうです!七輪で自分で焼くスタイル!!

香ばしい匂いもおつまみに焼きたてが超ウマい♪

醤油マヨや七味と一緒にどうぞ~

 

非常識なゴボウの唐揚げ

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

丸太みたいな見た目で登場したのは、非常識なゴボウの唐揚げ。

何が非常識かって、あのゴボウの食感がまるでなく、例えるならお芋みたい。

 

意見が分かれるの承知で、人生で1番柔らかいゴボウの食感を目指した結果出来上がったみたいですよ~

 

究極の鶏レバーネギ塩串 1本499円(税抜)

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

そしてやってきました!本日のメイン

『賞味期限180秒!!究極の鶏レバーネギ塩串』

もともとレバーが苦手だった店主が2500日かけて完成させた自慢の一串です。

 

たっぷりのネギがかかり、

提供と同時に砂時計がセットされたぞw

 

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

とりあえず撮影をさっと済ませて、まずはそのまま1口食べるのがセオリーってことで従う…

 

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

中はトロける柔らかさでめちゃウマ!

飲めるゴマ油もたっぷりかかっていていました。

 

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

さらに店内削りの最高級鰹節をたっぷりと。

一緒に食べると、そこにはフワトロ食感がまっていました♪

 

鰹の土佐盛りとガリガリ君サワー

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

ちょっとここでさっぱりしたものも食べてみよ~

鰹の土佐盛りとガリガリ君サワーを追加。

 

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

たっぷりのネギとミョウガが夏っぽいね~

あ、ガリガリ君は外れだけどそんなに甘くないですよね(笑)

 

鶏モモ肉のネギ塩串・チーズオンつくね串 各1本399円(税抜)

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

鶏モモ肉のネギ塩串・チーズオンつくね串もやってきました。

チーズ好きはぜひこの1本を頼んでくださいね♪

 

究極卵かけごはん 499円(税抜)

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

〆は究極卵かけごはんをチョイス!

ふと思ったんだけど、このビジュアル都内でも流行ってるし、これ単体でもめっちゃ人気でそうですよね!?

 

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

とろろじゃないから軽くかき混ぜるだけでOK

軽く混ぜた一口はだいぶエアリーに仕上がっていました♪

 

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

そこへ「0.01㎜の最高級かつお節(単品メニューあり)」を追加するのもおすすめ。

白米は思ったより入ってないので、サラッと食べて完食!

 

天ぷらアイス 499円(税抜)

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

デザートには天ぷらアイスもいただいちゃいました。

衣とアイスの温度差を感じながら、はちみつをたっぷりかけて♪

ふぅ~料理も食べたしお腹一杯ですw

 

「浩治朗」のポイント

  • 注目は究極の鶏レバー
  • ガリガリ君めっちゃ当たってるみたい
  • 究極のTKGも見逃せない

 

お得に利用する方法

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

浩治朗さんは遊び心もあって、様々な特典を用意しています。

 

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

1番の10円ゲームは入り口付近にあって実際にプレイさせてもらいました。

日本酒1杯サービスとか、特典の中身は大人向きw

 

こども食堂としても営業中

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

浩治朗は、対象が中学生以下のこども食堂としても営業中。

月曜日の定休以外は、居酒屋と並行して16時半~18時はいつでも温かい食事と居場所を提供してくれるそう!

 

感想:即食の絶品レバーを一度ご賞味あれ!

和光市の居酒屋「浩治朗」にある賞味期限180秒の究極の鶏レバーは必食!

ネーミングからインパクトがありましたが、その名に負けない絶品レバーでした。

元はレバーが苦手な店主さんが生み出したとなれば、そりゃ自信もって提供できますよね!

 

私的には究極のTKGが埼玉でも食べられるので、隠れた人気メニューになることを期待♪

美味しいレバーご馳走さまでした

(^人^)

コメント