スポンサーリンク

【孤独のグルメでも紹介】一番 群馬県甘楽郡下仁田町 タンメンと餃子を注文☆【地元に愛されるラーメン屋さん】

【孤独のグルメでも紹介】一番 群馬県甘楽郡下仁田町 タンメンと餃子

【住所】

「一番」群馬県甘楽郡下仁田町下仁田362

 

【営業時間】

11:30頃~14:00頃
17:00頃~20:00頃

定休日:3の付く日(前後に臨時休業あり)

 

小上がり2人用あり

カウンターメイン

 

駐車場:近くに観光用無料駐車場あり

喫煙可 

 

【チェックポイント】

4月27日放送の「孤独のグルメ Season7」にて紹介されたお店

 

関連ラーメンの記事一覧

 

2018.4月(平日):12時前ほぼ満席

 

スポンサーリンク

創業50年、昔ながらのやさしい味をいただく

この日は、夜に群馬へ行く予定が元々あったのですが、毎週見ている「孤独のグルメ」の次週予告で五郎さんが「下仁田」へ出張とのこと。

せっかくなので午前中の予定を組み、出張に便乗することにしました(^◇^)

 

場所はネギとこんにゃくで有名な「下仁田」、電車の線路も1本しかないようなノスタルジックな街です。

ちょっと車を走らせれば「群馬サファリパーク」「こんにゃくパーク」も行くことができます。

 

当日は開店からちょっと経った12時頃に到着、近くに無料の駐車場があるというこで、まずはそこを目指すことにしました。

 

無料開放の駐車場

【孤独のグルメでも紹介】一番 群馬県甘楽郡下仁田町 タンメンと餃子

ありがたい(^^)

 

駅を左手にして、お店の付近を直進してこの看板が目印です。

観光用の広い敷地が用意されていますので、安心して散策することができます。

 

地図だと赤丸のところです

 

【孤独のグルメでも紹介】一番 群馬県甘楽郡下仁田町 タンメンと餃子

こんにゃく道場も併設

 

まだ平日の早い時間だからか、人はそこまでいませんね~

お店には車が入れないような狭い路地にあるので、歩いて向かいます。

 

五郎さんのようにお腹を空かせて、少し急ぎ足。

駅も近いので、1本入ればそこは商店街、ここら辺は歩いてるだけで楽しいです♪

 

お店の外観

【孤独のグルメでも紹介】一番 群馬県甘楽郡下仁田町 タンメンと餃子

歴史を感じる建物

 

ありました~「清酒 聖徳」と書かれた看板に、赤い文字で「一番」

奥に見えるのも「孤独のグルメ」で合わせて紹介された、すき焼きのコロンビアというお店です。

 

昭和39年にオープンして創業50年を超えた老舗は、最初はご主人が一人でやっていましたが、途中から奥さんも手伝うようになり2人体制。

今では、地域おこし協力隊の若い方も一緒に働いて3人で切り盛り、町全体で昔ながらのこの味を守ろうとしています。

 

店内メニュー

【孤独のグルメでも紹介】一番 群馬県甘楽郡下仁田町 タンメンと餃子

手書きのメニュー

 

おじゃましま~す(^◇^)

外までガヤガヤ聞こえたけど入ってビックリ、お昼前だというのに中は賑わっていました!

それもそのはず、今日がテレビの放映日ということで、その話で盛り上がっていたんですね~

 

聞こえてきた話によると、取材がきてからは平日も人が来るようになり、反響があるのを嬉しそうに話していました。

それを喜んで聞く常連さん達、テレビ効果って凄いなぁ~と実感するのでした(^^)

 

【主なメニュー】

たまご丼:750円

おやこ丼:750円

カツ丼(並):800円

やきにく丼(並):850円

チャーハン:750円

ギョーザ:450円

タンメン:650円

ラーメン:550円

五目ラーメン:650円

 

【ドリンク】

日本酒(並):400円

焼酎:350円

ビール:680円

ジュース:200円

ウーロン茶:200円

 

卓上装備

【孤独のグルメでも紹介】一番 群馬県甘楽郡下仁田町 タンメンと餃子

ラー油、醤油、酢

 

注文は予め決めていたので迷わずタンメンと餃子を注文。

丸椅子に薄くなってしまった赤カウンターが歴史を感じさせます。

 

驚いたことに、餃子の皮を手作りで作っていたこと。

綿棒と手のひらで器用に仕上げて、そこに餡を包んでいく、ここまで手作りはなかなかできないですよね~

 

そして焼き加減を見るご主人、タイマーを使わないところがカッコイイ♪

長年やっていると染みつくんでしょうね~

時間はノールックで完成です☆