☆埼玉うどんパスポート2019稼働開始☆

【開店情報】金笛しょうゆパークが川島町に11月オープン予定☆食べる・学ぶ・体験できる複合施設【創業230周年】

【開店情報】金笛しょうゆパークが川島町に11月オープン予定☆

埼玉にある醤油のテーマパークといえば日高市の「醤油王国」が有名ですが、川島町にも醤油のテーマパークがオープン予定!

速報は春ごろ知りましたが、ようやくお披露目まで約1ヵ月となりました。

工場見学はもちろん、レストラン直売店も併設し、発酵食文化を国内外に発信する観光地としても注目されているので要チェックですよ♪

 

金笛しょうゆパークは川島本社に令和元年11月16日オープン予定

出典:笛木醤油「金笛」より

笛木醤油の歴史は長く、なんと230年も続く醤油蔵。

その記念事業として、本社醤油蔵のリノベーションと工場見学のリニューアルが行われました!

おいしい工場見学&しょうゆ蔵のレストランとあるように、コンセプトは『日本一、笑顔をつくる醤油蔵』となっています。

家族やカップルでも楽しめること間違いなしの空間に、期待しかないですね♪

 

金笛しょうゆパークの場所(アクセス)

【住所】

埼玉県比企郡川島町上伊草660

 

川越・本川越駅より東武バス約20分 「伊草学校前」下車徒歩約5分と、駅から離れているため車で行くのが便利です。

車の場合は、圏央道川島ICより5分 駐車場20台(大型バス可)と大収容。

 

 

 

主に3つの機能を有するパーク内

1.食べる

同敷地内に醤油スイーツなどが食べられる「醤油蔵のレストラン」を新たにオープン。

醤油蔵のレストラン(イートインコーナー)では、醤油蔵らしく「木桶うどん」をはじめ、地元の食材を活用した「卵かけご飯」などを提供予定。

案内にもあるしょうゆソフトの文字に期待しかありません♪

 

2.学ぶ

体験型の工場見学は「金笛しょうゆ楽校(がっこう)」と題し、醤油麹に触れられたり、もろみの熟成具合によって違う変化を味わうプログラムもあるのだとか。

その日一番の盛り上がりポイントはなんといっても「木桶に入った諸味を混ぜるかいつき体験

非日常体験から、醤油を五感で感じることができるでしょう!

 

3.ショッピング

直売店コーナーでは、自社農園で栽培している地元川島在来大豆を活用した新たな6次化商品や、川越だるまなどの伝統工芸を生かした小物などの物販も。

ここでしか買えない限定醤油もあるとのことで、吟味して選びたいですね♪

11月6日の最新情報では、すでに出来上がった館内の写真もアップされていました!

こどもたちも遊べるプレイスペースなども完備で、子供から大人まで楽しめそうです♪

 

金笛しょうゆパークのポイント

  • 醤油について知ることができる
  • 食べる&体験できる施設
  • お土産コーナーが充実

▼公式ページ

HP:笛木醤油「金笛」

 

まとめ

ということで、川島町に誕生する新スポットが楽しみですね!

以前は直売所のほうも数人入るといっぱいになってしまうと聞いたことがあるので、今回のリニューアルで買い物も楽しくできるでしょう♪

期待していた醤油ソフトもあるようなので、行ったらレポしようと思います(^^)

 

金笛しょうゆパークの求人はこちら

比企郡の他の求人を見てみる

コメント