スポンサーリンク

【閲覧注意】飲食店で食べれないものが出された時の対処方法と保健所への伝え方【実体験】

この記事では、私がつい最近行った飲食店で食べれない状態の料理が出された時の話です。

食べ歩きをしていると、いつかは合う可能性のあるトラブルで、その時の対処法を知識として残せればと思い書くことにしました。

 

なので、決して気持ちいい記事ではないし、気分が悪くなることもあるかもしれません。

そこをご理解のしてもらえた上で読んでいただけたらと思います。

 

古くから有名なメディアでも多数取り上げられたお店でのトラブル

(写真はイメージです)

 

簡単にストーリーをまとめると、ある老舗の飲食店に訪問した際、厨房が営業できる能力がない状態で料理を作ったため、傷んだ品が出てしまったのが始まり。

その後、「同じような被害がでないように」「お店のために何をすればいいか」を考え保健所に相談したという流れです。

 

私自身はじめてのできごとに大変なショックを受け、色んな方にもすぐに相談させてもらいました。

結果、一番納得のいく形でこの一件は乗り越えることができたので参考にして下さい。

 

トラブル発覚後、すぐに相談することにした

とりあえず帰宅してできることは相談することでした。

単純に傷んだものが出てきただけならお店に申し出ればいいのですが、今回はお店に悪意を感じられなかったのが問題を複雑にした原因です。

 

高齢のため良し悪しの判断もできない状況だったことも考えられます。

 

今回の問題点

 

怖く感じた原因の一つに、そのお店が昔の情報のまま検索のトップに上がってくることでした。

私もその情報をたよりにお店に行くことを決めたので、同じようなケースはいくらでも考えられます。

 

色々なアドバイスをもらうことができた

幸いTwitterで繋がっている方の中には、私よりも経験豊富な人達がいるので、ベテランなりのアドバイスをもらうことができました。

  • よくあるし、口コミなどに書いても消される(悪い感想は反映されない)
  • お店の自信・過信の問題
  • 経営者のためにも報告してあげるべき

 

そのなかで自分の答えをだすきっかけになったのは……

「店主の年齢的に食材の管理ができてないのなら、保健所の指導で改善も必要かもしれません。 それによって廃業された場合は店主の決断だと思います」

このことば。

 

結論は「決断できるきっかけを作ってあげられる」と考えれば、保健所に報告するのが最善だと。

改善できなければ、そこをご夫婦の卒業のタイミングにできる。

何か起きてから廃業よりも何倍もマシと思いましたね。

 

保健所への報告

保健所は担当している地域があるので、お店がある地域の保健所に電話しました。

食品・衛生課、もしくは食品衛生担当などがあるはずです。

よく分からなければ市役所に相談すれば案内してくれると思います。

 

【聞かれたこと】

  • お店の住所
  • 食べた日・時間
  • どの料理
  • どんな状態だったか

とりあえずその場を後にしても、このくらいの情報は覚えておくといいと思います。

写真があれば、メールなどで受け取ることも可能だと言ってくれました。

 

その時担当の方に伝えたのは「怒りはない」「被害を拡大させたくない」「夫婦のためにサポートしてほしい」の3点です。

この時、訪問した結果を電話で伝えてほしいか選択することができました。

書類での報告は基本やってないとのことです。

 

その日の夕方には訪問してくれた

驚くことに担当の方は、その日のうちにお店に訪問してくれました。

なので、結果の電話を夕方受け取ることができたのです。

 

【訪問した結果】

  • フライパンの焦げがそのまま→指導
  • 冷蔵庫はあるけど、冷凍庫はなし
  • 食べた後の食器は溜まったまま
  • 厨房の清掃は行き届いていない
  • 以前にも報告あり

 

細かいことは答えられない部分もあるようでしたが、現状を教えてくれたので納得。

思った通り、営業している飲食店とは思えない環境で衛生面的にもアウトでした。

 

過去には、コップが黒ずんでいたりと前例もあったようで、前兆はあったのかもしれません。

 

ただ、担当の方にはお店の存続に関する強制力はないので、指導はできても最終的な判断は経営者が決めることになるとのこと。

この訪問がきっかけで、ご夫婦が卒業を考えるきっかけになってくれることを願ってます。

 

思ったこと・伝えたいこと

 

残念だったのは、口コミサイトがこのような感想を書いても反映されないこと。

もちろんデマなどであってもない話が作られ、風評被害防止のためなのは分かりますが、考え方ひとつで役に立つシステムは作れると思います。

 

例えば…..

  • 苦情ではなく相談窓口、もしくは掲示板の設置
  • 口コミでの反映とは別に注意としての情報提供
  • 跡継ぎ・オーナー募集の提案など

 

一番いいのは自治体なども絡め、地域の老舗リストを作り、定期的に監査やサポートをできる仕組みを作って、町全体でお店を守ることができればいいんですけどね。

そうすれば「環境の維持が困難ならお店を辞めましょう」などの判断を定期的に伺えるので、今回のようなことは少なくなると思います。

 

きっと有名・人気なお店ほど、跡継ぎのいない経営者は辞めるタイミングを失ってしまうのではないでしょうか。

お店にはたくさんの色紙や写真が飾られていたので、少しでもいい形で名店には終わって欲しいものです。

 

以上、長くなりましたが、同じようなトラブルがあったら参考にして下さい。

どんな老舗も愛されたまま卒業できることを願っています。

 

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ

コメント

  1. ガデュ より:

    参考にさせていただきます!
    実に素晴らしい記事です!見習わなきゃと思いました〜m(_ _)m
    コマシさんとは何度もお食事させてもらってますけど、感じていた食べ物やお店に対する愛というかをまた実感した気がします。
    今後ともよろしくご指導の程お願い致しますm(_ _)m
    それと、ピザ食べ放題いつ迎えに来てくれるんですか?

    • komashi komashi より:

      かしこまらないでw
      きっと登場回数も多いので読者さんもガデュさんのことしってるはず(笑)
      でもこの体験はホントに貴重だし勉強になりました!
      やっぱりパンケーキにしませんか?