☆8月の新店&リニューアル情報まとめ☆

【埼玉の日本一】かわはくの大水車が稼働開始したので見に行ってきた☆多角度からの写真で紹介【新シンボル】

【埼玉の日本一】かわはくの大水車が稼働開始したので見に行ってきた☆多角度からの写真で紹介【新シンボル】

寄居町にある「かわはく」の大水車が15年ぶりに日本一に返り咲いたので行ってきました!

この記事では、その大水車を様々な角度からの画像とともに紹介。

川の博物館の詳細はまた別の記事にまとめますので、とりあえず埼玉にある日本一の姿をお届けしますね♪

 

大水車は7月28日から稼働開始

老朽化で2015年の夏から停止していた水車は、解体され新水車としてこの夏生まれ変わりました!

1997年に「川の博物館」のシンボルとして稼働を開始した当時は日本一だったのですが、2004年に岐阜県恵那市の道の駅「おばあちゃん市・山岡」にできた直径24mの記録に塗り替えられてしまったんですよね~

それから15年、ふたたび『かわはくの水車』が24.2mの記録で日本一を奪還したことになります♪

 

かわはくのアクセス

【営業時間】

9:00~17:00

*夏休み期間は平日30分、週末1時間延長

【住所】

埼玉県大里郡寄居町小園39

 

駐車場からの景色

【埼玉の日本一】かわはくの大水車が稼働開始したので見に行ってきた☆多角度からの写真で紹介【新シンボル】

おはよ~

駐車場の車を停めるとすぐに見える大水車

手前の自販機と比べると、その高さがよく分かりますね♪

 

【埼玉の日本一】かわはくの大水車が稼働開始したので見に行ってきた☆多角度からの写真で紹介【新シンボル】

かわはくに入るには入場券が必要になります。

ちょっと一目だけ見に来たならここでも十分、すでに座って撮影してる方もいましたw

 

【埼玉の日本一】かわはくの大水車が稼働開始したので見に行ってきた☆多角度からの写真で紹介【新シンボル】

近づくと次第に視界を覆い尽くす円形

噴水をバックに悠々と動いてます♪

 

入場料と駐車料金

【埼玉の日本一】かわはくの大水車が稼働開始したので見に行ってきた☆多角度からの写真で紹介【新シンボル】

  • 大人:410円
  • 高校生・大学生:200円
  • 小学生以下:無料

ということで、入場だけなら子供は無料

水遊びができるわくわくランドも100円で入場できるので、家族でも遊びに来れるスポットなんですよ♪

 

水しぶきの後ろに巨大水車

【埼玉の日本一】かわはくの大水車が稼働開始したので見に行ってきた☆多角度からの写真で紹介【新シンボル】

いやぁ~気持ちいいですね♪

入場すると目の前に大水車を見ることができます。

水の音が心地よく、一瞬だけ暑さを忘れます(笑)

 

使われている木材は飯能産のヒノキ「西川材」

【埼玉の日本一】かわはくの大水車が稼働開始したので見に行ってきた☆多角度からの写真で紹介【新シンボル】

【埼玉の日本一】かわはくの大水車が稼働開始したので見に行ってきた☆多角度からの写真で紹介【新シンボル】

ぐるっと回りこむと、また違った迫力がありますね!

新水車に使用されたのは、直系50cm以上長さ15m級の飯能産ヒノキ「西川材」

それを約70本ほどしっかりと組み、木材特有のあたたかさのある仕上がりになっています。

 

【埼玉の日本一】かわはくの大水車が稼働開始したので見に行ってきた☆多角度からの写真で紹介【新シンボル】

見上げると規則正しい組み方が映えますね~

なんかポスターにありそうw

 

【埼玉の日本一】かわはくの大水車が稼働開始したので見に行ってきた☆多角度からの写真で紹介【新シンボル】

横に歩いている人が通るとその高さは圧巻!

奥にあるのはレストランなどが入るレストハウスです。

 

脇にはかつての水車の一部が展示

【埼玉の日本一】かわはくの大水車が稼働開始したので見に行ってきた☆多角度からの写真で紹介【新シンボル】

このあたりに初代の一部が展示されていました。

ところどころヒビも入っていたり歴史を感じさせます。

約20年間、雨風にさらされながらの稼働お疲れ様でした!

 

【埼玉の日本一】かわはくの大水車が稼働開始したので見に行ってきた☆多角度からの写真で紹介【新シンボル】

【埼玉の日本一】かわはくの大水車が稼働開始したので見に行ってきた☆多角度からの写真で紹介【新シンボル】

おすすめの写真スポットはこの裏あたり。

かわはくのプレートがある正規の撮影スポットもあるけど、私はこちらの方が好きですね~

背景に緑や建物が少ないので水車はキレイに見えました♪

 

【埼玉の日本一】かわはくの大水車が稼働開始したので見に行ってきた☆多角度からの写真で紹介【新シンボル】

このショットもお気に入り!

手前にあるのは水をくみ上げるポンプの支え、黒く塗り上げられた鉄鋼+ところどころ濡れたレンガ造りに見惚れました。

 

レストハウスの裏から見るとこんな感じ。

いや~どこから見ても綺麗で迫力のある水車でしたよ♪

 

もう一つの日本一

【埼玉の日本一】かわはくの大水車が稼働開始したので見に行ってきた☆多角度からの写真で紹介【新シンボル】

そして最後にもう一つの『日本一』を紹介。

この目の前に広がる白いデコボコも実は記録を持っていて、荒川の源流域から東京湾までの地形を1000分の1に縮尺した大型立体模型なんです。

こちらはあまり知られてないので、もし行ったら合わせて鑑賞してくださいね♪

 

大水車のポイント

  • 直径24.2mの日本一の大きさ
  • 横からも見るべし
  • 7月28日から稼働開始

 

感想:日本一の水車はかわはくにあるぞ♪

【埼玉の日本一】かわはくの大水車が稼働開始したので見に行ってきた☆多角度からの写真で紹介【新シンボル】

ということで、日本一に返り咲いた巨大水車の紹介でした!

実際近くで見ると写真以上の迫力があるので、涼みがてらにでも寄ってみてくださいね♪

 

今なら完成を記念してスケッチコンテストやドローン撮影のコンテストも開催。

興味がある方はHPも参考にしてください。

 

関連お出かけの記事一覧

関連埼玉の名物・B級グルメの記事一覧

コメント